2020年09月23日

ちゅうにちといおん


見つけてしまいました。
そのため、ちょっと買い物してしまいました。

あぁ、あのドアラのパペットが可愛いんですよね


DSC_0007



nokonoheya at 02:19|PermalinkComments(0)Diary 

2020年09月20日

愛のかたまり


先日。…というか、ちょっと経っていると思うのですが、テレビでやりました音楽の特番。私はすごく楽しみにしておりました。特にジャニーズのシャッフルメドレー。 
ここには何度も載せているかと思うのですが、私は嵐が大好きで、特に大野さんが好きです
でも、最近は皆でわちゃわちゃしている曲で、それはそれで微笑ましいのですが、本気でがっつりした曲を歌ってほしくて
そんな中、歌唱曲が発表され、私はテンションがすごく上がっていたわけです

『愛のかたまり/kinki kids』cover. 坂本昌行.大野智.

ということで、誰得だといえば、私得すぎる選択で
坂本さんの声も素敵だし、大野さんの歌声も素敵で。その二人だけの音楽が流れるということで、凄く楽しみでした。流れた途端、大人の色気な曲で、それもなんか好きで、とてもとてもテンションが上がり、凄く嬉しかったわけです

で、ツイッター見たら同じ思いの方が多く見え、それも凄く嬉しくてッ
ということで、凄く凄く嬉しい思いを叫びたくてこちらに投稿。
ハモリとか相性が良くて、企画ものなのにもっと歌ってほしいコンビでした。CDとか出さないかなぁ


ちなみに、最後に坂本さんが大野さんを見たのに、大野さんは満足そうにニコニコしていた時も微笑ましくて、最後まで堪能させていただきました

nokonoheya at 08:41|PermalinkComments(0)Diary | テレビ

観たいのにッ!!


ずっと気になっていた映画
 
『窮鼠はチーズの夢を見る』


もともと原作を知っていたのですが、実写化ということでドキドキしている作品です。
正直、BL作品の実写化でアタリはありません
やっぱり、「BLはファンタジー」という言葉道理、現実味を知るとだめなのかもしれません。

でも、少し前で流行っておりました、『おっさんずラブ』。あれが結構理由だったりするのかなぁと思うのですが、あっちは結構コミカルな作品だったので、テンポよく見ることができますが、今回の作品はシンミリとしながらのラブロマンスなため、失敗だと結構来る作品になるのではないかと。
だから、結構勇気がいる。

もともと原作は好きなので、持っているのですがどうなのでしょうか。
少女マンガですごいドラマチックな素敵な物語で惚れさせといて、BLでも魅了するってこの作者ズルイです!
今ヶ瀬の執念と恭一の逃げ。なんともすごい戦いだなぁと思いました。でもね、あのタクシーの運転手すごい驚いたと思うんですよ(笑)。
そして、すごいたっぷりで激しい二人の続き、読みたいです。
そして「BLはファンタジー」という言葉はこの人には当てはまらないと思います。

とりあえず、観たいという気持ちはあったのですが、近くの映画館で上映しないとわかり遠くまで行こうかと思っております



nokonoheya at 04:20|PermalinkComments(0)ドラマと映画 | Delusion

2020年09月06日

Catscafe


先日久しぶりに行きました。Cats cafe。
地元の美味しいお店ではあるのですが、全国区ではないということが驚きの私です。

さてさて、そんな私ですが、行こうと思っていくのだったら心構えをして、あの有名な大きなパフェとか見てみたいのですが、いきなり行ったので、おなかの状態が開いてませんでした
そのため、代わりに頼んだのがこちら


DSC_0938

結構上手にとれたと思うのですが、どうでしょうか。
いやぁ、デザートプレートを食べるお腹だけは空いていたのです。いや、無理やりすかせたのです

なかなか美味美味でした。




nokonoheya at 18:37|PermalinkComments(0)Sweets | Diary

2020年07月11日

行く勇気、その時私はあるのだろうか。


ニュースが出ましたね。

こんにちは、のこです。
さてさて今回は、私の大好きなについてです。
えぇ、私は好きです。特に大野智さんが大好きです。
ということで、今回のニュースはこの度ニュースと出ました個展についてです。

はぁ、凄いですね。
でも確かに、アイドルというところからの個展なので、普通とは比べるのもおかしいのですが、3度目の個展。
私自体は一度も行ったことがないので、もしかしたら最後になるかもしれない個展。行ってみたい気もしますが、開催は今年。しかも9月からとのこと。大丈夫かなぁ。しかも場所は六本木。東京ですよ、東京
通常だったら「遠いからなぁ~」とか言っていた私も、今回のコロナの影響がぶり返してきている東京に、正直行きたいという気持ちはないです
折角田舎の私が、コロナとできるだけ無縁に暮らしてきたのに、ちょっと流行っている東京に足を運ぶなど…。特に仕事上、いろんな方と会うものだから、その方々を危険にさらすわけにもいかない。

ということで、なんで東京開催なのよ

私が言いたかったのはこれです。
まだ大阪開催のほうが行く気にもなれたのではないかと思うのですが、ショックです。
というか、みたいなぁ。
でも、東京の方々が頑張ってコロナを抑え込んだとしても、都会の状況からして、うつりやすい為様子見期間は確実に必要だと思うので、10月までは行くのは無理なのかな…と。
でも、この個展の開催期間は2020.09.09(水).-11.08.(日)ということで、かなりかぶります。
行く勇気というよりも、行かないほうがいいのかな、とは思うのですが、最後だろうから見に行きたいという気持ちもあります。

あぁ、大野君の個展、見に行きたい


nokonoheya at 10:57|PermalinkComments(0)Diary